スポーツマニアによる
スパイクシューズ講座

スパイク!スパイク!

ゴルフスパイクシューズ

ゴルフスパイクシューズ

以前は、ジャンボや青木も使ったスパイクスシューズ。最近は海外ブランドを中心に再びラインアップが増えてきていて、カジュアルで、普段履きもできるスマートなスパイクスシューズがたくさんあるのが特徴です。ここでは昨今のスパイクスシューズを紹介しながら、最新のゴルフシューズ事情を紹介します。

スパイクシューズとスパイクレスシューズ

スパイクレスのゴルフシューズといえば、古くは尾崎将司プロが使用した「J’s」のスパイクレスシューズが銀座のワシントン靴店にラインナップされたほど人気になったことがあり、青木功プロが愛用していることもよく知られています。スパイクレスはどちらかと言えば古いイメージがついてしまっているかもしれません。その後、装着するスパイクが金属製から樹脂製のソフトスパイクに変わり、完全に主流になったことで、スパイクレスは市場から姿を消すことになりました。スパイクレスの弱点のひとつがグリップ力の弱さで、鋲のついたスパイクシューズに比べて、どうしてもグリップが不足していたのです。しかし、このところ、海外メーカーを中心に、スパイクレスゴルフシューズのラインナップが増えてきていて、これまでのゴルフシューズとは一味違った新しいカテゴリーになりつつあります。弱点だったグリップ力も近年は素材やパターンの改良が進み、飛躍的に改善されています。

競技能力を高めるスパイクシューズ!

スパイクシューズの潮流を作ったTRUE linkswear

現在のスパイクスシューズの潮流を作ったのは、2010年からスタートした「TRUE linkswear(トゥルー リンクスウェア)」でしょう。アメリカのツアープロ、ライアン・ムーアがアドバイザーとして参加しているブランドです。ライアン・ムーアといえば、上級者向けゴルフクラブの「スクラッチゴルフ」の使用プロとしても知られています。大手メーカーと契約せず、自身のこだわりを持ったプレーヤーです。今季は優勝も果たしており、ビジネスも選手としても成功している印象です。「TRUE linkswear(トゥルー リンクスウェア)」は、その後のスパイクスシューズの特徴を備えています。つまり、裸足感覚で履けるソールの屈曲性、スポーツシューズとしての軽量化と快適性、そして普段履きにも耐えられる優れたデザイン性の3つです。海外では既にかなりの販売数となっているようで、国内でもネット販売を中心に取り扱うショップが増えてきており、芸能人ゴルファーの愛用者も少なくないのだとか。ラインナップとカラーバリエーションを続々と増やしており、今後も注目されるブランドといえるでしょう。

野球!サッカー!陸上競技!ゴルフ!登山!大活躍!

ゴルフスパイクシューズメーカー

CardiffSaddle
アシュワース「CardiffSaddle」。シックなデザインと快適さを両立しています。「TRUE linkswear(トゥルー リンクスウェア)」の成功に前後して、大手のシューズメーカーでもスパイクレスのラインナップが増えてきました。大きな動きとしては、adidas傘下の「Ashworth(アシュワース)」のラインナップです。スコットランドでのゴルフを彷彿させる大人のゴルファーのイメージですが、フットフェアはタウンユース(普段履き)も可能な、スマートなデザインのなかに軽快さと手軽さを備えたモデルをラインナップしています。フレッド・カプルス、ジャスティン・ローズ、ジャスティン・レナードといった大物プロもイメージ作りに一役買っています。カプルスは以前、「ecco」ブランドでもスパイクレスを愛用していた生粋のスパイクレス党。国内では、シニアでも人気の高い尾崎直道プロが使用するなどしています。
ルナundefinedスウィングティップundefinedスウェード
ナイキ「ルナ スウィングティップ スウェード」。スウェードを採用したカジュアルなデザインが特徴です。ナイキでは、「ナイキ ルナ スイングティップ」というスパイクレスシューズのラインナップを今年の8月から展開しています。中でも特徴的なのが、アッパーにスウェード素材を採用した「ナイキ ルナ スイングティップ スウェード」。リッジロック(ブラウン)やミッドナイトネイビーなど、カジュアルさに特徴のあるカラーで、カジュアルで軽快さをイメージできるデザインになっています。これなら普段使いにも十分対応できそうで、そのままゴルフ場に行って薄暮プレーを楽しむようなスタイルにもハマりそうです。
EXL スパイクレス
フットジョイの最新モデル「EXL スパイクレス Boa」老舗ブランドで、プロゴルファーにも多くの使用者をもつ「フットジョイ」からも10月からスパイクレスシューズが登場しています。シューズにワイヤーを通して、かかとにあるダイアル部分を操作するだけで、快適なフィット感を得る「フットジョイ」独自のBoaRクロージャーシステムを搭載しているのが特徴で、デザインやフィット感をそのままスパイクレスシューズに採用したモデルといえるでしょう。フォーマルでオーセンティックなゴルフスタイルとはまた違った、カジュアルなゴルフやリゾートでのゴルフのスタイルへのニーズが高まるにつれて、ウェアや用品もそれにあったモデルが登場しています。スパイクレスシューズが再び脚光を浴びてきたのもそうした理由によるものでしょう。さまざまなゴルフのスタイルが登場するのは、ゴルフの楽しみをより広げるものです。今後もゴルフのスパイクシューズのスタイルがより多様化する傾向に拍車がかかるものと予測します。